スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱大陸

ビジネス書のコーナーで最近、勝間和代という人の本をよく見かけます。たまたま本日(昨夜)、TBS の「情熱大陸」という番組で彼女をとりあげていたので見てみました。

番組中、さかんに強調していたのが「効率化」というキーワードでした。以下、印象。

・まず、派手なネイルが目に入った。意外かと思いきや、ネイル・サロンに通うのがリラックスタイムとのこと。
・自転車で通勤していた。1 日 30 分の有酸素運動を通勤で確保。高そうな自転車だった。
・事務所が非常に質素だった。
・1 ページあたり 6 秒で本を読んでいた。3 日間・11 万円のセミナーで速読を体得したとのこと。
・本は Amazon ではなく本屋へ通って買っていた(大量に)。
・月に 50 冊くらい読む。
・チラ見した 1 日のスケジュールの円グラフでは睡眠は最低 6 時間以上。
・自由時間がほぼ入浴タイムで 2.5 時間も。


それにしても久しぶりに TV を見ました。ドキュメンタリー物は好きなので、こういう番組はマメにチェックすることにします。現在、録画する機器がありませんが・・。


勝間和代公式ブログ


スポンサーサイト

リサイクルとコスト意識

不要な CD と DVD、マンガ・書籍などを大量に売ってきました。売り上げ益 2 万数千円也。本や CD を売るなら大手チェーンの「BOOK OFF」が有名ですが、地元密着型の別のお店に持っていったのが正解でした。

伝票を見ると全買い取り額の 8 割を占めるのは 80 枚ほどの CD でした。音楽にこだわりのある中古屋さんだったのです。最高値は CD で一枚 800 円、マンガで一冊 250 円。ブックオフだと十羽一絡げにされて全部で 1 万円程度にしかならなかったかもしれません。

ところで「T ポイント」は使いでがありますね。「ブック・オフ」にレンタルの「TSUTAYA」、コンビニの「ファミリー・マート」、ファミレスの「ガスト」、ガソリンの「ENEOS」、居酒屋の「白木屋」・・

無職になる前にクレジット・カードを作っておいてよかったです。このカードは年会費無料ですが、初めて作ったもう 1 枚のカードは年会費 1500 円なので、引落し先を変更して解約しようと思います。

お次は、携帯電話料金とプロバイダ料金(通信費)ですか。こちらも面倒なので対策をとらずに漫然と同じサービスに毎月お金を落とし続けています。まだまだ、コスト意識が低いですね。。

負のスパイラル

ゴールデン・ウィーク中の世間の空気に便乗してダラダラしてしまいました。1 ヶ月以上、途切れず継続していた筋力トレーニング(というほどのモノでもない)でしたが、さかのぼってこの 3 日間はサボってしまいました。原因は昼夜逆転による無気力感です。起きた時点で夕方だと、ボーっとしてしまい、色んなことがどうでもよくなってしまいます。

眠りに眠って今朝は早く起きれたので、サボった分を取り戻すべく筋トレ 3 セット。腕立てと背筋の 25 × 3 = 75 回はどうということもなかったのですが、腹筋の 20 × 3 回はキツかったです。でも、厳密に言うとサボった分は取り戻せていないんでしょうね。

「週に 1 度だけの 100 回」よりも「1 日 1 度の 10 回」のほうが楽であり、かつ効果的です。筋トレでも日記でも勉強でもそう思います。

無職のくせの晩酌(発泡酒)も、昼夜逆転だと度が進んで 3 本とか飲んでしまいます。だいたい、起きた時間から考えると晩酌というより「昼酌」です。おまけに生活リズムのズレから深夜に腹が減った日にはコンビニで 1000 円もドカ買いしたりして・・経済的にも精神衛生的にも悪循環です。

俺の負のスパイラルの根を断つには、早寝早起きの生活リズムが第一。まず、苦も無くこれができる人間にならないと。。

【明日の TO DO リスト・優先順】

1 朝に起きる
2 バイト探し
3 ブログ更新


こんな感じでパソコンのデスクトップの付箋紙に TO DO リストをメモすることにしました。

無職生活の運動

思い立って、およそ 1 ヶ月前から、腕立て伏せ・腹筋・背筋・スクワットを各 20 回ずつ毎日やっています。3 分エクササイズです。鍛えるというよりも最低限の筋力を維持する程度でしょうか。でも 1 ヶ月続けてみると、それなりに身体が強くなった気がします。

スクワットが意外ときついなあと感じていたのですが、先日、ヒザに刺すような痛みを感じたので止めました。その代わりに腕立てと背筋を 1 セット 25 回に増やして負荷を上げています。腹筋もきついので、そのままの 20 回です。たったの 20 回でも続けているうちに、それなりに鍛えられてきて、触ると皮の下に芯ができているのが解ります。腕立てと背筋のほうの効果としては、肩凝りが軽くなった気がします。単純なエクササイズですが、各セットの順番を入れ替えたり、腕幅や手を添える位置、モーションに変化をつけたりすると、鍛えられる部位が微妙に違ってくるのが解ります。

それと、無職といっても仕事探しと読書とネットばかりしているわけにもいかないので、とりあえず雨が降っていなかったら気分転換も兼ねて自転車で出かけるようにしています。有酸素運動ですか。ママチャリですけど。往復で 1 ~ 2 時間程度です。自転車、いいですね。バイクやクルマを利用しつつも、運動という目的で自転車に乗る時間というのは必要かもです。電動補助の自転車が欲しくなりました。

俺にとって、一番良くない生活パターンとは「一日中部屋にいて昼夜逆転」なのですが、現在の状況のように、ありったけのヒマを与えられると徐々に自然とこのパターンになってしまいます。早寝早起き・適度の運動と外出。これが絶対ベースですね。肝に命じなくては・・。体力と健康が全ての源泉です。

7 度目か 8 度目の面接も落ちました。年齢で敬遠されてるようです。どこらへんまでレベル(時給)を下げれば採用されるんでしょうか。。

>> フリーターになるなら計画的に 【B級遊民のススメ】






死ぬまでに最低限必要な金額

一生、正社員雇用もされず、結婚もせず、持ち家も買わず、という条件で、大雑把に計算してみました。

月々の消費は最小限に抑えて 85 歳まで生きてしまった場合です。年金は 70 歳から月に 5 万円支給・・というシミュレーションの結果、

総必要額 = 6560 万円

と出ました。月に 5 万円貯蓄すると 70 歳前後、月に 10 万円貯蓄すると 60 歳前後まで働く計算になります。今の今でこんな状態(無職)ですから、50 や 60 を過ぎて条件の良い仕事に継続的に就けるとは思えません。

毎年の貯蓄額が多いほど引退可能な時期を前倒しすることができます。月に 20 万円貯蓄すれば 55 歳前後、月に 30 万円貯蓄すれば 50 歳くらいで、いちおうリタイアできます。それまでの過程がゾッとしないこともないですが、逆に考えると、真面目に継続的に働いていれば、人間として最低限の生活?は全うできそうです。

とにかく節約生活で、働いては貯蓄、働いては貯蓄・・ですね。しかし上の計算、本人と親の医療費や介護費、その他イレギュラーな支出、物価の上昇等を加味していませんから、毎月めいいっぱいの貯蓄に励んでも一般的なサラリーマンの定年年齢以降も働かなくてはならないでしょう。年齢が加算するごとに、安定してひとつの職場にいれないというリスクも大きくなります。

そうなると必然的に、「投資」というものを勉強して、お金を運用・殖やしていかないとおっつかない、という結論にたどり着きます。

大体、何もせずに、ただただ老後のために引退まで働き続ける、という希望の無い人生に、人間、耐えられるものとは思えません。ともかく、「資産」と呼べるほどのひとまとまりのお金を貯めることからですね。。

貧困者が集うコミュニティー

「サバイブ SNS」という、貧困者対象の SNS コミュニティーに参加してみました。

サバイブ SNS

当SNSは、「ゆかし」と対極にある、貧困者のためのSNSです。貧困自慢、貧困告白、お得な情報の交換、サバイブ術、炊き出し情報や物品交換、援助金などの情報交換などなど、みんなで仲良く生きていきましょう。
当SNSは貧困者であればどなたでも参加できます。具体的には、「ゆかし」に参加できない人、参加する気のない人なら誰でも参加できます


メンバー検索してみたところ、現在のユーザー数は 450 人程度、と少し寂しいものがあります。これが 10 万人くらいいれば、気のせいでも何となく心強いのですが。

「こういう状況なのは私だけじゃない」と安心する意味で、2ちゃんねるの「無職・ダメ板」なんて場所を覗いてみるのも時にはいいかもしれません。

ダメ板 @ 2ch 掲示板






ブログパーツ

【おこづかい累計】

61,478 円

【ネットで副収入】

【ローン・キャッシング】

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。