スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影響を受けた作家

おすすめ本のご紹介です。



アゴタ・クリストフ著・「悪童日記」であります。10 何年前に読んで、続編合わせた 3 部作のハードカバーが本棚にあるんですけど。いま見たらハヤカワの文庫版になっているんですね。

当時流行ったんですけど、たぶん誰が読んでも面白いんじゃないでしょうか。見事な至高の小説作品です。で、それ以来、この作家の作品を読んでいなかったんですけど、興味があって探してみると「文盲」(!)という自伝作品が出ているではありませんか。


文盲 - アゴタ・クリストフ自伝

世界的ベストセラー『悪童日記』の著者による初めての自伝。祖国ハンガリーを逃れ難民となり、母語ではない「敵語」で書くことを強いられた亡命作家の苦悩と葛藤を描く

クリストフ,アゴタ(Kristof,Agota)
1935年オーストリアとの国境に近い、ハンガリーの村に生まれる。1956年ハンガリー動乱の折、乳飲み子を抱いて夫と共に祖国を脱出、難民としてスイスに亡命する。スイスのヌーシャテル州(フランス語圏)に定住し、時計工場で働きながらフランス語を習得する。みずから持ち込んだ原稿がパリの大手出版社スイユで歓迎され、1986年『悪童日記』でデビュー


やはり、と言いますか、そうなるとデビューからのあの一連のシリーズには自伝的要素も入っていたということですか。。

オンライン書店のセブンアンドワイで購入してみようかと思います。ここは数ある オンライン書店 の中でも一番便利なんじゃないでしょうか。最大の特徴は 1 冊からでも送料・手数料無料で、お近くのセブンイレブンで 365 日 24 時間受け取れるということでしょうか。本や DVD の中身は店員さんにも分からないように梱包されています。自宅や職場で受け取りたい場合は、購入額 1500 円以上から送料無料対応です。

届くタイミングであまり家にいませんし、セブンイレブンは目の前だし、雑誌一冊でも送料無料だし、いいことづくめの オンライン書店 サービスですね。

セブンアンドワイトップページ

リンクシェア レビュー アフィリエイト
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nokobulogu.blog88.fc2.com/tb.php/1315-8b8cdb7a





ブログパーツ

【おこづかい累計】

61,478 円

【ネットで副収入】

【ローン・キャッシング】

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。