スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症はなぜ発生したか

花粉症はなぜ発生したか 排気ガスとの複合汚染?

 クシャミ・鼻水、目がかゆい。典型的な花粉症の症状に苦しんでいる。今年はひどい。診療所に駆け込み、抗ヒスタミン剤の内服薬と点眼・点鼻の抗アレルギー剤を処方してもらった。花粉症を防ぐ乳酸菌を使ったヨーグルトも食べている。

 この間、ランドルフ・M・ネシーほか著『病気はなぜ、あるのか』(新曜社)を読んでいたら、こんな記述に出合った。

 《記録によれば、花粉症は英国では1830年以前には実質的に存在せず、北アメリカでは1850年以前には存在しなかった。日本では1950年以前には、その頻度は無視できるほどであったが現在では人口の10分の1が悩まされている。…どんな新奇な環境が、この驚くべき現象をもたらしたのだろうか?》

 自動車の排気と花粉との複合汚染という説がある。先の花粉症の登場時期の日本だけに限ると、1949年に乗用車の全面生産再開が占領軍により認められ、生産台数は50年に3万台、55年7万台、60年48万台。トラックの生産も大幅に増えている。素人考えだがこの時期の符合がなにやら怖ろしい。(産経web)


う~ん。。排ガスかあ。。オール電気自動車時代になれば、また元の環境に戻るかもしれませんね。
スポンサーサイト






ブログパーツ

【おこづかい累計】

61,478 円

【ネットで副収入】

【ローン・キャッシング】

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。