スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昆虫は宇宙から来た?

1 ::||‐ ~ さん:2006/06/25(日)

昆虫は地球の進化体系には属さないそうだ。
と言うことは昆虫は古代地球にやってきた宇宙人の子孫?
言われてみれば脚が6本あるし、地球の他の生物と全然違う。

7 :1:2006/06/25(日)

皆さまレスありがとうございます。
色々な意見があると思いますが、完璧な説などないはずです。
あくまで「仮説」としてお付き合いください。

昆虫が地球型生物と違うと思われる理由
①脚が6本
魚類から人間に至る動物は全て基本は4本脚である。
魚類だって、肺魚と呼ばれる種類はヒレが4本足の役目をしている。
②羽で飛ぶ
鳥類にしろ、飛び魚にしろ、身体の一部を進化させて翼にした。
でも昆虫は透明で軽くてちょっと違う形状。
③骨がない
昆虫は骨がない。

以上の理由は一部だが、明らかに地球上生物と違う。

12 ::||‐ ~ さん:2006/06/26(月)

>>7

> ①脚が6本
> 魚類から人間に至る動物は全て基本は4本脚である。
> 魚類だって、肺魚と呼ばれる種類はヒレが4本足の役目をしている。

↑ 上陸した魚類がたまたま前後4本のヒレを持つ種類だった為、その子孫である我々に到るまで、
その形質を受け継いでいるから4本足なだけ。祖先が6本ヒレや8本ヒレの魚だったなら、我々も
そうだった可能性がある。足は退化させて無くす事はできるが、新たに発生させる事は出来ない。

> ②羽で飛ぶ
> 鳥類にしろ、飛び魚にしろ、身体の一部を進化させて翼にした。
> でも昆虫は透明で軽くてちょっと違う形状。

↑ 昆虫も元々あった体の一部が変化して羽根になったと考えられている。諸説あるが、羽根を
獲得した最も古い昆虫であるトンボやカゲロウの仲間の幼虫が水棲である事から、幼虫の鰓が
羽根の元になった器官だと言う説が有力。

> ③骨がない
> 昆虫は骨がない。

↑ 骨はかつて魚類の祖先が淡水に進出した際、カルシウムの貯蔵庫として生じたものが、言わば
体の芯や軸として使われる様になったもの。魚類の祖先から進化した生物(魚類・両生類・爬虫類
・恐竜・鳥類・哺乳類)はこの形質を受け継いでいるので骨がある。それ以外の生物(植物や甲殻類、
その他多くの種)は骨が生じる必然性が無いので、我々が持つ様な骨は無い。


トトロの「猫バス」にソックリな生き物 【HIMAGINE】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://nokobulogu.blog88.fc2.com/tb.php/910-cb1e67ba





ブログパーツ

【おこづかい累計】

61,478 円

【ネットで副収入】

【ローン・キャッシング】

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。